小藪千豊

2014年04月02日

小籔の作詞したこの「プリン」っていう歌。

すごくいいなぁって思った。



彼のいつもの少し歪んだ目線からはちょっと想像できない。

というか、そういった彼の感性は出てるんだけど、

その中でも素直に綴った詩という感じが素敵。




彼が二十歳の時のお母さんをなくして、

その時のことを歌にしたんだけど。




彼にとっての一番の味方だったのかもしれないね。

なんとも言えない気持ちになる。




親孝行って、どういうことなのかなあ。

親が生きてるっていうことは、

それだけでも有り難いことだし、

子は何か出来る事があるのかを考えることは

とても意味があるのかもしれない。




失う前に気づくことは難しいけど、

彼の歌詞からは何かグッと伝わってくるものがあった。



こやぶかずとよ。プリン。↓


 


My Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoor Readerに追加

クリック募金 ブログランキング
PVランキング


track feed FB大好き
フィードメーター - FB大好き
ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
  • ライブドアブログ